新型コロナウィルスに関するニュースが毎日のように流れ、「不必要な外出をできるだけ避ける」風潮が強まる中、インターネット通販やカタログ通販などを利用して、外出せずに自宅での生活を楽しむ消費が増えています。

こうした流れのなか、信州の高原リゾートや伝統食をお客さまに紹介し、ご自宅で気軽に味わい体験いただくような提案はいかがでしょうか。自粛ムードのなか「信州へ旅行に行きたいのに行けない」という方にとって、とても喜ばれる提案になるのではないでしょうか。

また、学校の臨時休校等により「毎日の献立づくりに悩んでいる」という親御さんの声も多く聞きますが、そうしたお悩みの解消にもつながります。山に囲まれた信州では、山菜やキノコ類、野菜などこの地域ならではの食材がたくさんあります。これらの食材を使った、ご当地グルメを以下に紹介します!

 

 

<信州のまぜごはん、炊き込みごはん>

きのこや山菜、野沢菜などの信州の食材を使ったまぜごはんや炊き込みごはんです。具材や味付けの種類だけでなく、「炊き立てのごはんに混ぜるタイプ」や「炊飯器などで炊き込む際に具材を加えるタイプ」など調理法もさまざまで、消費者の好みに合わせて選ぶことができ、とても手軽に使うことができます。

信州のまぜごはん、炊き込みごはんをチェック!

詳しくはこちら

 

 

<信州そば>

保存がきいて簡単に調理が可能な麺類。信州には皆様よく知る「信州そば」がありますが、そば粉の種類や産地、つなぎに何を使うか等、その種類は実にさまざまです。代表する古くから守られる伝統の味、さまざまな技術によって進化する味、気候や風土から生まれた独特の味。健康長寿の信州を代表する食文化である信州そばはいかがでしょうか。

信州そば(常温)をチェック!

詳しくはこちら

信州そば(チルド)をチェック!

詳しくはこちら

信州そば(冷凍)をチェック!

詳しくはこちら

そば打ち機もチェック!

詳しくはこちら

 

 

<信州のカレー、ハヤシライス>

仕事などで忙しいご家庭に、温めるだけですぐに食べられるカレーやハヤシライスなどのレトルト商品はいかがでしょうか。例えば、信州特産のイノシシや鹿、木曽牛やきのこを使ったカレー、信州の高原で育ったトマトを使ったハヤシライスがございます。イノシシや鹿などのジビエ肉は最近注目を集めており、スパイスと一緒にじっくり煮込んだカレーは、ジビエ初心者の方にもおすすめできる商品です。

カレー、ハヤシライスをチェック!

詳しくはこちら

 

 

<ごはんのお供(なめ茸、漬物、食べる調味料)>

美味しいごはんのお供があれば、ごはんを炊くだけでも簡単な食事が出来上がります。特に、長野県を代表する食材「えのき茸」を使った保存食「なめ茸」は、人気商品のひとつで、醤油味や味噌味などの定番商品のほか、「明太味」「にんにく入り」「唐辛子入り」など少し変わったものも多数あります。また「野沢菜漬」「赤かぶ漬」「すんき漬」などに代表される漬物や、厳選した国産大豆のみを使用したしょうゆ豆とコラボした「食べる調味料」など、信州ならではの食材を使ったごはんのお供をご紹介します。

なめ茸をチェック!

詳しくはこちら

漬物をチェック!

詳しくはこちら

食べる調味料をチェック!

詳しくはこちら

 

 

<信州のおやき・豚まん・点心>

山々に囲まれた信州。稲作の不向きな山間部では、小麦や蕎麦を使った独自の粉もん(粉食)が育まれました。さまざまな粉もんの中でも、県北部を中心に暮らしの中に根付き愛されるのが「おやき」。信州の誇るこの郷土食を定義するなら“小麦粉の皮で野菜を包んだものを蒸かしたり焼いたりしたもの”といえます。

具材は、ナスや切り干し大根、きんぴらごぼう、野沢菜、りんご、ねぎなどいろいろな種類があり、食事にもおやつにも食べることができます。「電子レンジや蒸し器などで温めれば食べたい時にすぐ食べられる」「冷凍なので長期保存ができる」「野菜も摂取できる」などの理由から注目を集めており、国産・地場産など素材にこだわって作っているものが多いのも、魅力のひとつです。

おやきの他にも、豚まんや点心などの粉もんも好評です。

おやきをチェック!

詳しくはこちら

豚まん、点心をチェック!

詳しくはこちら